かんたん発注入力

タブレットやパソコンで発注数を入力します。
1週間分を表示することで、先付け発注も可能な入力画面となっております。
もちろんリードタイムや、納品対象外の日付、発注対象外の日付などは入力できないよう制御することだって可能です。

AIで発注を効率化する方法も

発注記入表に手書きで書きこんだ数字を、AIを使って自動で読み取り、データ化することができるようになりました。
使い方は簡単、発注数を書き込んだ発注記入表を専用アプリで写真を撮るだけ。

※近日リリース予定

取引先ごとに選べる発注書の送信方式

Fooding Journal の発注機能では、発注先の取引業者別に送信方式が設定可能です。
送信方式は、データ送信、自動FAX送信、印刷して自分でFAXの3種類の中から選択可能です。

食材マスタには2つの単価が設定可能

FCチェーンによくある、本部の仕入れ価格と、店舗の仕入れ価格の2つの価格を商品に持たせる運用を可能にします。
また、単価の価格変更時の履歴もデータを保持することで、食材マスタの単価を変更したときに、過去の発注・仕入の実績帳票の数値が変わってしまうなんてこともありません。